サスペンス・ミステリー ★5(人生一度は観なけりゃ損!)

【オールドボーイ】★5の感想「韓国映画にハマった原点作品!痛みを伴う荒々しさが魅力」

映画PC記事上

2013年にリメイクされた方じゃない、2003年オリジナル版「オールド・ボーイ」。

韓国映画が好きになったきっかけ作品。
ある意味、映画人生においてキーとなる記念すべき一作。

第57回カンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリになったことでも話題になりましたね。
2004年の日本公開時に劇場鑑賞してひとり興奮していたのを覚えています。

オールド・ボーイ」の評価 ★5

まずはあらすじ。

 妻と一人娘を持つ平凡なサラリーマン、オ・デス。彼はある日突然何者かに誘拐され、小さな部屋に監禁されてしまう。テレビもあり食事も与えられるが、理由は決して明かされなかった。そのまま15年間監禁され続けた後、突然解放されたデス。いったい誰が、何の目的で? デスはふとしたことから知り合った若い女性ミドの助けを借りて、監禁した相手の正体を探り始める。そしていつしかミドはデスに愛情を抱くようになる。そんな2人の前に現われた謎の男ウジンは、“5日以内に謎を解き明かせ”と、互いの命を賭けた“ゲーム”を提案するのだった。(オールラインシネマより抜粋)

以下、評価ポイント。

ダイレクトな痛みが感じられて気持ちいい

ドMな人にはたまらないでしょうね。
思わず目を細めて心の中で「痛ッ!」って悲鳴をあげてしまう描写多数。
でも「もっと、もっと」と欲しがってしまう…みたいな。

口内炎をわざと舌先で突っついて痛みを楽しむ私にとってはぴったりの映画だった訳で。
出会うべくして出会ってしまったわけですな。感無量。

似たような感覚に陥った作品と言えば北野映画全般ですかね。
負けず劣らず痛みが伝わる暴力的な映画ですが、相通ずる面影を感じてしまったのかもしれません。
当然北野作品も大好物。

横スクロールのアクションがファミコン的で胸熱

ファミコン世代には懐かしさを禁じ得ない描写ですな。
イーアールカンフーを思い出しましたよ。
俺の中での横スクロールアクションで初めに思い出したのがこの作品。

基本、韓国映画は懐かしい感じがするんだけどそれとクロスオーバーしたんだろうね。

シリアス&コミカル

コミカルな描写があるから暴力描写が引き立つ振り子理論。
これまた北野映画と同じ。

人生、表裏一体。天と地と。
笑ったと思ったら殺されたり…
感情がジェットコースターに乗っかるのが堪らない。

クチコミ

スマップ中居正広もおススメ

韓国映画の入門編として未見の方は是非!
ちなみに日本でリメイクしたら間違いなく主役は役所広司になりそう。

まあ、みんな思う所は一緒(笑)

-サスペンス・ミステリー, ★5(人生一度は観なけりゃ損!)
-,