F休って何?部下からの妊娠報告にどう対応する?




部下からの妊娠報告、どうする?

今日(20170619)の毎日新聞朝刊に会社内で部下から妊娠報告を受けた際の対応について書いてあったが…
実際、私もサラリーマン時代に周囲の女性がマタハラに悩んでいたケースを目にしていたので振り返ってみようと思う。

以前、生保に勤めていた時の話

同僚が上司に妊娠に報告をしたところ『おめでとう』の一言もなく、明らかに不機嫌そうな感じで、復帰するか?辞めるのか?の話をされたことがありました。まあ、とても一部上場会社の支社長が取るべき態度では無いのですがいまだこんな対応をする人は多いのも実情。営業なので駒が少なくなれば他から持ってこないといけないから大変なのはわかりますが、ただ、人が一人くらいいなくなった所で回っていかない組織なんて組織自体の仕組みに問題があると思うけどね。
報告する本人も、『迷惑かけて申し訳ないなあ』という思いを持って恐る恐る報告するんだからまずは上司としては祝福の言葉をかけましょう。ここでの上司の対応如何で辞めた女性社員もいるし。普段からのコミュニケーションの問題ともつながってくるし一事が万事な気もするね。

以前、製造業に勤めていた時の話

大企業なら社内相談窓口みたいなメール宛先があると思うんですが、前職いたような中小企業のようにそんなものは無いケースが往々にあるわけで。人数少なければいいんでしょうけど女性社員がいる現場の工場が本社と離れていたり、人数も100人以上とかなってくれば設置したほうがいいと思いますね。んで、総務にいたので相談窓口を設置したところ一通のメールが届いたことがありました。内容は上司のマタハラ・パワハラな訳ですが、例えば育休明けで子供を保育園に迎えに行くために短時間勤務扱いになっていることを考慮せずに帰り際に仕事を頼んで保育園に遅れてしまったとか…他にも色々あったのですがもうそうなると本人を異動させるか上司を異動させるかしか無くなるんですよね。そんな状況って会社にとって何のメリットも無いわけで。部下に女性を持つ際の上司としての意識不足というか、そもそもの人間性の問題にもなってくるとは思いますがね。

エフ休って何?

今回毎日新聞でこの言葉が取り上げられてましたが、私は以前に労政時報で紹介されていたのを読んでいてもし女性社員の比率が高まれば採用してみたい制度だなあと思ってました。

エフ休
女性特有の体調不良の際に、月1回取得できる特別休暇。今後、通常の有給休暇も含め、女性社員が取得する休暇の呼び方を「エフ休」とすることで、利用用途がわからないようにし、取得理由の言いづらさ、取得しづらさを排除します。(エフ=FemaleのFを指します)

この制度はサイバーエージェントで導入されている制度のひとつなんですが非常に女性に働きやすい(というか本来は当たり前なのかもしれませんが)環境つくりをしてるなあという印象。ただし『F休』って一歩間違えれば放送禁止用語のように読めてしまうのは私だけでしょうか…全然関係ないですが、サイバーエージェントは私の大好きなフリースタイルダンジョンのスポンサーなんで頑張って欲しいとところ。そんで持って更に関係ないですが、サイバーエージェントの社長の元奥さんである奥菜恵の子供と、息子が幼稚園一緒だったんで運動会とかに参加してましたが
美人すぎて周囲から浮いてました。更に更に関係ないですが、その幼稚園はネプチューンのホリケンの子供もいたんですが、運動会で全力で綱引きをやっていて好感を持てました。

まとめ

話が脱線してきましたが、結局妊娠した女性社員に対する対応って制度云々も大切ですが、上司の心がけ次第のところが多分にあるわけで、仮に心から祝福できない心の狭さを持っていても形だけでも祝福できるような態度を取れないとダメなご時世ですよと声を大にして言いたい感じです。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください