接待ゴルフで『こいつは出来る!』と思わせる方法




来週はアメトークでゴルフ芸人を放送するそうです。
私も高校でゴルフ部(全然うまくなりませんでしたが…)だったんで社会人になってからも接待ゴルフは苦にならずにむしろ楽しんでやってました。
以前、読んだ本『かばんはハンカチの上に置きなさい』で接待ゴルフのことで印象的だった箇所を思い出したのでその紹介をしたいと。

ゴルフの際、ティショットを放ったら大概の人はボールの行方を見ると思います。
でも4人パーティーなら4人全員が見る必要は無いと。ゴルフやったひとならわかると思うんですがティーショットの際、『ティー』がどこいったかわからなくなることがよくあるんですね。この本の作者は接待ゴルフの際、『ティー』の行方を見ることに注力するそうです。確かにこういう『ずらし』の視点は『デキる』人の共通点ですね。読んだとき、なるほどと思わずうなってしまいました。

その他にも営業やってる人には参考になる話が多く載ってますのでお勧めです。

☆×4.0(5点満点)

                




コメントを残す