息子を慶應義塾横浜初等部合格に導くまで ㉖大河ドラマを見る子供は合格する!そんな話




大河ドラマ好きは合格率が上がります!

なんのデータも無いですけどね。
ただ、私が中学受験した時の話をふと思い出しまして…

以前に息子が大河ドラマの真田丸を観ていた話をいたしました。
おかげで城好き、忍者好き、家紋好き、武将好きになって横浜のテストでも歴史好きアピールに成功して合格に近づいたって流れです。

間違いなく、慶応の先生は大河好きな子を欲しがっています!なぜなら、息子が合格した理由がそれくらいしか思い浮かばないから…

ふと、私が25年前に中学受験した際の事を思い出しました。

当時、慶応普通部、中等部、青山に合格したため、日能研の実績作りのために鹿児島までラサールを記念受験しに行きました。
そこで二子玉川校で一緒だったT君とホテルの部屋が同室になりました。

確か、一泊目が日曜日だったのですが、その当時、夜八時からの天才たけしの元気が出るテレビを見るのが毎週の楽しみでした。
当然のごとくチャンネルを合わせようとしたらT君は何をとち狂ったか、大河ドラマの琉球の風をいつも見ているというのです!

当時の私にはまさか大河なんてクソつまらないドラマを見ているお子さんがいるとは夢にも思ってなかったので、今でも鮮明にその時のことを覚えています。

まあ、その子はできた子で(勉強も、性格的にも)、元テレを譲ってくれました。

やはり大河を観ている子は素晴らしい受験向きのお子さんに育つようです。小学校受験のみならず、中学受験でも生かせるので是非小さいうちから受信料払って大河で洗脳してあげてください。

私はもっぱらバラエティとNHKのホームズ、ポワロ、マープル、ブルームーン探偵社を観ていたのでその差は出てしまったようです 😮 
この前、頭のいい小学生を育てた親の勉強法をテレビでやってました。
一切ゲームはさせず、テレビを見せないで本を読ませ、外遊びをさせることでそれが当たり前の生活を身に着けさせたそうです。

しかもただのリビング勉強法ではなく、家族みんなの机をリビングに並べ、みんなで勉強をしていました。ある意味異様な光景でしたが、周りが勉強すれば自然と子供も机に向かうのでしょう。
夏休みの時は、自分で日程を立てて、確か一日15時間くらいその子勉強してたわ。

あまり参考にならないレアケースではあるが、親が勉強する姿勢を見せるのは、歩きスマホをしない姿を見せるのと同じように背中を見て育つ幼少期において大切なのだろうと。

そのくらい、親も本気にならないとなかなかお受験は勝てないんでしょうね、他人事みたいな感想ですが…




コメントを残す