息子を慶應義塾横浜初等部合格に導くまで ㉓行事編・12月




お受験生が12月(師走)にすべきこと

  • 祝日について
    12月23日 天皇誕生日
    天皇について詳しく説明することまではしませんでしたが、ニュースや新聞で登場したときにどんな人かや名前くらいは教えました。
    夕食時にテレビを見る時は、19時からのニュース7(NHK)を見るようにして、安倍首相やトランプ大統領等の有名人の名前と顔くらいは一致させるようにしました。ニュースで得た知識をたまたまお教室等で先生に褒められた際は本人も自信になったみたいです。
  • 赤穂義士祭(12月14日)
    兵庫県赤穂市で行われる祭りです。ご存知の通り、元禄15年12月14日に赤穂義士四十七士が吉良上野介の屋敷に討ち入ったことにちなんだ祭りです。
    東京の泉岳寺でもこの日に行われます。
    特別、これに行く必要は無いですが、慶応は歴史物に興味がある子供を好んでいます。
    もし、あなたのお子さんが赤穂浪士に興味を持てばそこから派生して色々な歴史に触れることが出来ます。
    息子は真田丸に興味を持ったため、甲冑や兜の工作が好きになり慶応横浜の試験でもそれを絡めた作品を作成しました。
    試験中はなぜそれを作成したのか試験官から聞かれますので、その際歴史好きをアピールすれば合格が近づくと思います。
    私は直接赤穂浪士を息子に教えることはしませんでしたが、例えば男の子なら戦いごっこが好きなので、「赤穂浪士ごっこ」と銘打って親子で討ち入りの格好を工作して戦うのもきっかけとしてはいいのかなと。

  • 冬至(12月22日)
    夏至と対にして覚えましょう。昼が一番短く、夜が一番長い日というのは子供でも覚えやすいはず。
    出来たら、地球儀を使って太陽の位置との関係を説明できたらなお可です。自転、公転も地球儀で教えました。
    あまり興味は持っていないようでしたがそれは結果論なので…
    あと、この日は柚子湯に入りましょう!

  • 大晦日(12月31日)&大掃除
    子供達にも自分の机の整理や、いらないおもちゃや工作の作品の整理をさせました。
    また、大晦日は23時頃に無理やり起こして除夜の鐘を近所の寺に突きにいきました。
  • 12月の花
    スイセン、ツバキ、パンジー等
  • 旬の野菜、果物
    ゆり根、レンコン、水菜、春菊、白菜、レンコン、カボチャ、りんご、洋ナシ、イチゴ等
  • 旬の魚介
    カキ、ホタテ、まだら、サケ等
  • 12月の歌
    きよしこの夜、あわてんぼうのサンタクロース、サンタが街にやってくる、ジングルベル、赤鼻のトナカイ
  • クリスマスに向けてしたこと
    アドベントカレンダーを最初は買っていましたが、受験前の年から自作のものを作らせていました。
    例えば、大きな模造紙にクリスマスツリーの絵を描いてそこに紙コップを貼り付け、その中に好きなお菓子を入れてました。
    (紙コップに日付の数字を書かせる)




コメントを残す