就活真っ只中。面接官から見た面接時のポイント!




😈

意味もなく顔文字使ってみました。いろいろまだまだ使ってない機能があるので…

さて本題。

今は無職ですが、前職・前々職と中途採用や新卒採用に関わっていました。合計600~700名の方々の面接をしてきました。その中で気になった点やよくある間違いを参考までに挙げていきたいと思います。

  1. 両親に対して『お父さん、お母さん』
    緊張しているせいかまだまだいるんですよね、両親に対して『父は~、母は~』と言えない学生さんが。当然、そんな子は『お兄さんは~』とか言っちゃってます。慣れしかないのかも知れないけど気をつけましょうね。
  2. 入室後、ただただ立ち尽くす
    こちらが声をかけなきゃ一生立ってそうな勢いで直立不動な学生さんがいます、それも結構な割合で。入室したらまず名乗りましょう、大学名+名前+挨拶のコンボでOKです。って、これも常識だろう…なぜ無言で立ってるのか理解不能。もっとひどいとドアの前で
    ひたすら立ってた学生がいました。ノック、怖いですか…
  3. 正直すぎる
    正直なのはケースバイケースではあるが、マイナス評価につながります。以前本社事務職を募集した際、『金遣いが荒いです』って告白しちゃう女子学生がいました。一応、金を扱う経理の仕事もあるから使い込みしちゃうかもしれないリスキーな学生さんは採らないだろうと、採用側の気持ちも考えてほしい。そしたらそこは嘘ついてもいいと思いますよ、ええ。なんていうか場の雰囲気に応じた受け答えができるってすごい大事ですよ。
  4. いきなり泣き出す
    これはレアケースですが…中途採用でのこと。面接中、『私、ずっとひきこもりだったんですが今日勇気を出して外に出てみたんです!』って言って勝手に感極まって泣き始めた女性がいました。うん、その勇気は買うけど『生保の営業』の面接だよ、ココ。いきなりハードル高杉晋作だよ。
  5. 志望動機が無い、志望順位が低い
    ココも3と同じだけど嘘でもいいから志望動機ひねり出して!嘘でもいいから志望度1位って言って!
  6. 短所がほぼ皆同じ
    短所は?『熱中しすぎる反面、周りが見えなくなるところです。』
    短所は?『周りの意見を尊重しすぎるあまり、優柔不断なところがあります。』
    短所は?『いろいろ考えすぎて結論を出すのに時間がかかります。』
    大体こんなんで7割くらいを占めてましたね。まあ、これらでも最悪いいんですよ、せめて具体的エピソードは用意してください。
  7. 目を見て話す
    特に面接官2名との面接なら質問者に都度顔を向けて話してほしいです。当たり前っちゃー当たり前なんですが。

まあ、いろいろ挙げましたが普通にコミュニケーション取れれば大体はOKです、変な間とか意味もなく笑ったりとか受け答えがトンチンカンとか無ければ明るくはきはき一生懸命やってくれれば大丈夫!

ちなみに面接側のNG行為として、

  1. 親の職業を聞く
  2. 愛読書を聞く
  3. 尊敬する人物を聞く
  4. 出身地、家の住所の詳細

等が挙げられます。行きすぎな感じはしますが一応基本は抑えておいた方がいいかと。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください