【悲劇】大宮エリー、巻き込まれました…松居動画の被害者がまた一人…




別居の真相の動画(動画第8弾)を結局見てしまいましたが、不倫相手第一弾は大宮エリーですか…色んな飛び道具仕掛けてくるなあ。
ほんと敵に回したくないわ。おちんちんシールが手紙についてたのには笑いましたが。

これ、多分Tシャツになってすぐ出回るね。子供のようだけど毛がしっかり生えてるから一応大人でしょうか。船越には似てないし。誰でしょう。
大宮エリーの親密さを漂わせるこの手紙が引き金になって弁護士を介して別居をせざる得ない状況になったとのこと。
しかし大宮エリーも生きた心地しなかったでしょうなこの一ヶ月くらい。

大宮エリーは一応作家だっけね、エッセイとかも書いてたような。映画もやってたな。『海でのはなし。』ってやつか。
1975年11月21日の41歳ってことは一回り以上船越と違うのか。
この人も個人事務所なんだ。個人事務所同士、ガチでやりあえてよかったね松居さん。圧力なしで戦えますよ。
私の妻がこの人好きで、本が家にあったな。

 

まさにコントに巻き込まれてますが…まあこれは身から出た錆…頑張ってください。
ちなみに「ソロモン流」(2010年3月7日、テレビ東京 )で、大宮エリー企画「船越英一郎とデート」を制作して自身も出演してます。
見たかったな、これ。接点はここかね。今見たら感慨深いものがありそう。

でもさ、松居一代は別居の理由を「船越の芝居の稽古のため」って言ってたじゃん、その時点で嘘ついてますよ。
しかし「別宅の真相」の動画タイトルのフォントとか上手になってるなあ。息子の友達が文春乗り込んだ際にカメラ回してたらしいけど、動画もアドバイスしてるのかな。何関係の仕事してるんだろ。

とりあえず、まだまだ松居劇場は続きます。もう松居本人もこの祭りを楽しんでるよ。祭りの後の寂しさに耐えられるか心配です。

「エリ~、マイラ~ブ、ソースイート♪」

松居一代が演技性パーソナリティ障害ではないかについてはこちら。




コメントを残す