今更ながら、カルロスゴーン逮捕で思い出した2つのこと




一部ではミスタービーンに似てると評判ですが…

何かで読んだかテレビで見たか、うろ覚えですが…
日産に当てはめて考えてみると…

①海外企業CEOの報酬がバカ高い理由

何不自由無いくらいの巨額な報酬を支給することで、私利私欲に走ることなく、生活面を気にすることなく、不正に走る必要なく、会社の利益を最優先に考える環境を作り出し経営に専念させるため(もちろん引抜防止とかもあるでしょうが…)と聞いたことがあるが…

こりゃ、嘘だな。

②海外企業のコンプラ体制について

下の人間が上の人間の不正を告発すれば、仮にその件に関わっていたとしても部下の責任は免責されるって聞いたが…
だから不正が上に上にすぐに伝わりやすい構造だと…
日本はすぐに隠す方向に行くから海外企業の方が自浄作用が強いらしい…

これは、本当ですかね…

海外企業の特徴として記憶していた上記2点が、今回の日産劇場で露呈したのはなんとなく興味深かった。
そもそもこの記憶が正しいのか調べる気力は無いので話半分で聞いといてください。

ちなみに。。。

ゴーンネタで秀逸だったのはこれ↓

こういう人は是非IPPONグランプリに出て欲しいと思うわ。
センスありすぎ。




コメントを残す