エッセイ…のようなもの ⑰韓国女子ゴルフと捨てる大切さ




韓国勢がトップ10に8名

2017年の全米女子オープンは韓国パク スンヒュンの優勝で幕を閉じた。
野村33位をはじめ、宮里41位、葭葉51位と日本勢は上位に食い込めず…
韓国勢はベスト10に8名…

ー11 韓国 パク スンヒュン
ー9 韓国 ヘ ジン チェ(アマチュア)
3T ー7 韓国 リュウ ソヨン
3T ー7 韓国 ハー ミジョン
5T ー6 中国 フォン シャンシャン
5T ー6 韓国 イ ジュンウン
5T ー6 スペイン カルロタ シガンダ
8T ー5 韓国 梁 熙英
8T ー5 韓国 リー ミリム
8T -5 韓国 キム セヨン

韓国の強さは今に始まったことじゃないけど、ここに8名の日本人の名前が連なることは未来永劫ないでしょう。
この状況が当たり前になりつつあるけど異常事態だからね、これ。慣れって恐ろしい。

別に肉体的に日本人が劣ってる面は無いし、飛距離で言えば葭葉はドライビングディスタンス1位だったしね(4日間平均256.59ヤード)。
アンシネ追っかけて韓国人の整形を馬鹿にするだけじゃなくて、韓国の強さを学んで徹底的に解明する記事をもっと読みたいですよ。

なぜ韓国ゴルフは強い?

まあよく言われてるのがハングリー精神が違う、精神力が違う、国をあげてバックアップしてるってことですが…
ナショナルチームに選抜されると学業よりゴルフ優先の毎日で国からのサポートが受けられる。日本で横峰さくらみたいに親子鷹でキャンピングカーで移動してるって話は美談で終わらせるだけじゃなく、なんでそういう子供がもっと国のサポートを受けられないかって話のほうが大事な気がする。横峰のスイングしてる韓国のプロなんていないし。プロがちゃんと教えなきゃ限界があるよ。
韓国は家族を背負って養うためにゴルファーになる人も多いからその辺のハングリーさは違うんだろうけど、そもそもその考えが当たり前の国なんだろうからそこを言っても始まらないし。
韓国人は整形で同じ顔でも、同じような綺麗なスイングするプロを量産してるからすばらしいですよ。

話は脱線しますが、先日韓国の留学生(男子)に整形が多いことを聞いたら、「遊ぶ相手は整形でもいいけど、結婚は整形してない美人を考えてます!」って言ってた。見れば大体整形顔か否か、わかるとも話してたわ。まあ毎日見てりゃわかるかもね。

ただし、一流になるには捨ててるものもある

学業は優先されないので弊害はあります。200日はゴルフに拘束されるので馬鹿になります。韓国女子ベテランゴルファーの話。

「そのせいで、プロになっても、ヤーデージの足し算、引き算さえ満足に一人ではできない選手がいるのも真実なんです。そのやり方で強いプレーヤーがたくさん育っているのは確かですが、弊害が全くないわけではありません」

足し算、引き算が出来ないのはそりゃ生きてく上でも問題だろうが、でも計算できても中途半端な2流プロで終わるよりも超一流の計算できないプロのほうが稼げるんだから問題ないって考えもできるわけで。ヤーデージの計算なんてキャディにやってもらえればいいし。
これを弊害と言えば弊害だけど、でも得るものの方が大きいのであれば捨てる覚悟も必要でしょう。

でも日本人はこの考えって出来ないんだよね、文武両道とか染み付いてるから。片方だけずば抜けてもいいって教育法にしないと一生無理だわ。
個性を大事にしてって言うけどこの意識はなかなか払拭できるもんじゃないし。ダイバーシティとか言ってるうちは当然多様性が認められて無いからそういう政策がのぼってくる訳だし。
2位じゃなくて1位目指すにはある程度の犠牲の上で成り立つし、それを犠牲と思わない考え方を持たないと結局中途半端な横並びの量産人間を生み出すだけになってしまう。そしたら本当に日本人の仕事は外国人とAIに取って代わられて何が残るのって状態になる。

ひとつの価値観にしばりつけるから昨今の「生きづらさ」を抱えた人が多くなってきてるのとも無縁じゃ無いとも思われ。ゴルフが強いといって、学歴偏重、見た目偏重の韓国社会がいいわけでも無いので難しい話ではあるのだけれど。

結局松居一代に繋がってしまうけど、ひとつのつまらないこだわりに囚われて物事の多面性を見出さないとその人も周りも不幸にする。
なんとかそんな生きづらさから解放されて各個人が能力を発揮できる世の中になるといいですねと、韓国ゴルフの強さをみながら感じた全米女子オープンでした。

さあ、今週はついに松山が優勝する予定の全英ですね。日本人が優勝するなら全英だと前から思っていたので今回こそはの思いで正座して応援します。




コメントを残す