エッセイ…のようなもの ⑨寺川俊平




冷静と熱盛の間で揺れ動く男

寺川俊平である。
報道ステーションでスポーツコーナーを担当し、今日の『熱盛!』を連呼して、4歳からサッカー一筋で、実は俳優を志望していた、そんな寺川アナ、29歳(2017.6.30時点)である。

古館無き後の、無味乾燥な報道ステーション出演者の中で(松岡修造出演時は除く)なんとか場を熱く盛り上げようと日々奮闘中である。でもそこはアナウンサーであるがゆえ、つつがなく番組の進行を進める感じが最近板につき過ぎていてなんか視聴者が熱くなれない…そんな寺川アナである。

実は今月から彼がブログを始めたのである。以下、その抜粋。

寺川も、ブログ始めるってよ
2017年06月07日
森川と同じタイミングで僕のブログも開設される予定でしたが
ほんっっっっっとうに何を書いていいかわからず、ここまで放置しました。
いや、気合は入っています。結構、熱盛です。
…故に。どうしていいものやら。わからず。猛省。
僕のプロフィール、紹介しても…
空の写真、僕が撮っても…

ところで。
みなさん知っていました?
今の報道ステーションは○川ばかりなんです。
次回以降は主にスポーツに纏わる話を書こうと思います。

なんだろう、この普通な感じ。熱量の無さ。この温度で文中で熱盛ぶっこっまれても『ビジネス熱盛』の域を出ない感じ。安易に『熱盛』って言葉が使われすぎていて『熱盛』が可哀そうになってくる。もっと『熱盛』を大事にしてほしい。って、ただ俺が『熱盛』っていいたいだけのような気がしてきた。

とりあえず彼には一度修造チャレンジ参加して、レポートで海外行った際に日本の気温下げるくらいの神通力を養わないと脱皮できないね。根は真面目なんだろうけど突き抜けが欲しい。このままじゃ多分中途半端なウザキャラで終わってしまう。

でも、小川アナとのぎごちない絡みが癖になってきているのでもう少し長い目で見ていきたいと思う今日この頃…




コメントを残す