エッセイ…のようなもの ⑥美輪明宏




美輪明宏である。
「レイチャールズ?」でおなじみ、「ヨイトマケの唄」でおなじみの美輪明宏である。

たまたま見ていた2017/6/27「ありえへん∞世界」での話。
【高級料理】VS【安い素材+チョイ足し料理】で高級な方を選べるか?っていう企画だったんだが…
梅沢富美男は自分で自分のハードルを上げるだけ上げてしっかり3連敗して場を盛り上げるという職人ぶりを発揮。しっかり自分の存在意義をわかってらっしゃる。

それに対して問題は美輪明宏である。
回答者が順にAやらBやら答えていく中、美輪のコメントの番になり…そこで必ず添える言葉が、

『高級な方ではなく、単純に自分が美味しいと思う方を選ぶわね…A(B)!』

いやいや、高級な方を選ぶルールってうか企画だから。
そうやって保険かける言い方は
潔悪いわ。間違えたらかっこ悪い、『美輪明宏像』が崩れる…的な意識が働いてるんだろうけど、晩年はどっぷりバラエティ浸かって食ってるイメージなのにその姿勢はいかがなものか?自信たっぷり答えて富沢みたいに外して盛り上げろよ、それが嫌ならバラエティ出ないかガクトばりに全問正解目指してくれ。誰も美輪明宏を神格化してないから大丈夫だよ、間違えても。

…と思いながら見てたが。でも、身の回りにもいますよね、こういう人。
『全然勉強してねーよ』、『全然寝てねーよ』、『全然特別なスキンケアなんてしてません』…みたいな人と同類だわ、美輪さん。

それに対して誰も突っ込めないのもなんだかなあ。テロップは嫌いだけど、誰も突っ込めないならテロップだけでも突っ込んだりすればいいのに。関ジャニ村上が司会だったけどまだ突っ込ませないオーラの泉が出てるんだろうね。

いつになったらそれを突っ込める日がくるのだろうか。
 




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください