エッセイ…のようなもの ②与沢翼




与沢翼である。
秒速で1億とか10億とか稼ぐ、ちょっと小太りでアンパンマンみたいで、昔は痩せててちょっとかっこよくて不良で、警察にお世話になって改心して起業して、倒産して復活して、ネオヒルズ族とか呼ばれて、なんやかんやで今はドバイにお住いの、そんな与沢翼である。

ネットビジネスを検索するとどうしてもこの人の動画に行きついてしまうので最近よくユーチューブで見ているのであるが、テレビでの印象と120度くらい違ったので興味のある方は是非このリンク先を見てほしい。

テレビでの印象はネオヒルズ族の豪華な暮らしや、どんだけ金使って宴を繰り返してるんだ!っていう映像しか映さないから与沢翼の側面しか見られず実は魅力があんまり伝わって無いんだよね。テレビ的にはそれを取り上げるのが楽なんだろうけど、さっきのリンク先の動画見たら説得力と話のウマさが半端ないわけで、なぜ今までしくじり先生に出ないのか不思議でならない(毎回見てないから、もし出てたらすんません…)。

本人も豪勢な暮らしぶりをアピールし、鼻につく金持ちキャラを演じて広告塔に割り切ってなってることは分かるんだけど、リンク先の『与沢翼 』をもっと打ち出した方がいいと思うけど。いつまでも『ネットビジネスで儲けてるなんか胡散臭い子よねえ』っていう主婦のレッテルから逃れられなくていいのかなと思う。

でもそれができない理由はやっぱり『情報商材』と『与沢塾』だけの収益構造にロマンが無いし、結局購入したり、入塾してもフォローが無いから詐欺だ!っていうネットの評判の多さを見るにつけ限界を感じてしまう…

ホリエモンが与沢翼と一緒にされたくない!ってインタビューで答えてたけど、宇宙事業とかやってやりたいことの延長線上にビジネスを考えて
いるホリエモンと、金儲けの延長線上のビジネスに身を置いている与沢翼を一緒にしてほしくないっていうことなんだろうな。

ただ、凡人の俺からすればあんな説得力のある話されたらすぐに騙されそうと思うと同時に、なんか憎めないんだよねこの人。詐欺師はやっぱデブの方が安心感与えるからいいよね。与沢翼もビジネスデブなんだろうな、さすがだわ。
タダのデブの俺とは訳が違う。




コメントを残す