【Jアラート報道】だからさあ、小さいことかもしれないけど、それも印象操作だよ。




テレビをザッピングしていて…

Jアラートが鳴った時の全国の様子をテレビで報道していた。
ある局で、農家かなんかのおじさんにインタビューをしていたあるスタッフ。

そこに突然のJアラート。
でもおじさんは全く気にせず話を続ける。

でもそのスタッフは、Jアラートに対して『不安を抱えた感じ』の反応を期待していた模様。
一旦屋根のある所に入りましょうということでほとんど強制的にそのおじさんを家に追いやっていた。

スタッフがそんな勢いだからおじさんも困惑して『じゃあ、戻ります』ってなセリフを言わされた感じで戻っていった。

まあ、実際屋根のある所に行くのは間違いでは無いし、スタッフが万一に備えて促すのも問題はない。

俺が嫌悪感を感じたのは別の番組でのこと。

また、同じシーンを使いまわしていた。
でも少し編集が違ったんだな。

おじさんにインタビュー→Jアラート発令→スタッフがアラートに気付く→おじさんが『戻ります』って言って避難

ちなみにさっきの流れは…

おじさんにインタビュー→Jアラート発令→スタッフがアラートに気付く→スタッフがおじさんに伝えるもおじさん全く気にしない→スタッフは逃げるよう進言→それでもあまり動こうとしないおじさん→それでも逃げるよう進言するスタッフ→やっと動くおじさん→しょうがなかく『戻ります』っていうおじさん

要は赤字の部分が抜けてるから不安そうに逃げてる画になってた。

インタビューしたスタッフが悪いとかでは無く、番組を編集してる奴が悪い。

尺の問題もあったろうけど簡単に印象操作の出来上がりですわ。

全然Jアラートを気にしないおじさんが、不安におびえる一国民に仕立て上げられてたよ。

大した話では無いかもしれないけど、もう一事が万事だと思うね。
こんな編集することに罪悪感や抵抗なんて恐らく全く感じてないよね。

国民を誘導するなんてちょろいもんだよ。

 




コメントを残す