【2018.12.10】来年は無くなるであろう『女芸人No.1決定戦 THE W』の感想




とにかく甲乙丙丁つけがたい凡戦ショーでした

0時前に帰ってきてビデオに撮っていた『THE w』を怖いもの見たさに鑑賞…

…ほんと怖かった…

去年もブログに書いたけど、あまりの低調ぶりにもう今年は無いだろうと思ったらなぜか開催。
さすが迷走中の日テレ営業中。
山口メンバー→イッテQ→THEwの協力ラインは日テレ負の三大遺産だな。
2018年の締めにこんなレベルの参加者たちに1000万渡すとは株主集団訴訟起こされんぞ。

まずはなんと言ってもトップバッターのゆりやんレトリィバァのつまらなさに一ミリも感情の波が起こらなかった。
『ああ、凪って』こういう状態だよねって久々に気付かされた。
あれは放送事故レベル。事務所NGっていうか、マネージャーNGっていうか…もうテレビ局出禁レベル。

いくら人間的に最悪でも、ゆりやんよりは面白いとろサーモン久保田を業界から干すくらいなら彼女を干してほしい。
それ位ひどかった。ありゃ観客も盛り上がらないわ。暖まらなくて当然至極。
上沼恵美子でも50点つける出来だわ。

対決としては紺野ぶるまVS横澤夏子が一番見どころがあったけど…
相変わらず想定の範囲内の出来で内容も何となく既視感満載の展開。
特に横澤に関しては面白いよりも、『うまい』が先に来てしまう和牛パターン。

爆発するネタのタイプではないわ。
今後よしんば来年以降もこの番組が継続しても、決勝には残るけど最後涙を飲むパターンの奴や。

初めて見た出場者で可能性を感じたのは合わせみそかな。
所々面白い切り取り方をしてたけどテンポがいまいち。でもムカデ人間とかベルセルクとか、絶対万人受けしなさそうなネタを恐らく意図的に持ち出してくる気持ちは買い。普通、知らない人もいる共通言語じゃない例えは、ひよって使えないケースもありそうだけど貫いたのは好感。

あとニッチェの黒マスクネタは個人的に共感。
社内でも何人かしてる人いるけど、知らない人で黒マスク野郎は道端で出会ったら俺は避ける。
あれしてる人見ると、日韓W杯の宮本をいつも思い出す。

子供の頃はマスクをしてるだけで『ダセー、恥ずかしー』って時代だったのに隔世の感ですわ。

まあ、なんつーかとりあえず45歳&46歳コンビの阿佐ヶ谷姉妹が優勝しちゃうんだから…
ねえ…

【2017.12.11】女芸人No.1決定戦 THE W(ザ・ダブリュー)の感想

2017.12.11




コメントを残す