【2018年平昌五輪:日本メダル予想!選手内訳を全公開!】日本は金3、銀6、銅2の合計11個…だそうです。




米国の大手データ会社グレースノート社が発表した数字です

2017年11月1日付での数字ですが、ピョンヤンオリンピックでの日本のメダルの内訳は以下の通り。

金メダル 3個

銀メダル 6個

銅メダル 2個

合計11個

具体的には…

  • 金メダル
    男子フィギュアスケート 羽生結弦
    女子スキージャンプノーマルヒル 高梨沙羅
    女子ハーフパイプ 小野塚彩那
  • 銀メダル
    フィギュアスケート団体戦 
    男子モーグル 堀島行真
    女子スキージャンプノーマルヒル 伊藤有希
    女子スノーボードスロープスタイル 鬼塚雅

    女子スピードスケート500m 小平 奈緒
    女子スピードスケート団体パシュート
  • 銅メダル
    男子フィギュアスケート 宇野昌磨
    男子個人グンダーセン、ラージヒル 渡部 暁斗

だそうです。
ニュースでは全部の内訳が書いてなかったので、グレースノート社HPにアクセスして、グーグルで翻訳かけて抽出しました。

国別で日本より上位はというと・・・

  1. ドイツ(金14、銀12、銅9、合計35)
  2. ノルウェイ(金12、銀10、銅10、合計32)
  3. アメリカ(金10、銀7、銅12、合計29)
  4. フランス(金9、銀7、銅5、合計21)
  5. オーストラリア(金7、銀2、銅5、合計14)
  6. 韓国(金7、銀2、銅1、合計10)
  7. オランダ(金6、銀9、銅4、合計19)
  8. ロシア(金6、銀5、銅10、合計21)
  9. 中国(金6、銀1、銅2、合計9)
  10. カナダ(金5、銀13、銅13、合計31)
  11. スイス(金4、銀5、銅5、合計14)
  12. チェコ(金4、銀3、銅2、合計9)
  13. 日本(金3、銀6、銅2、合計11)

皆さん気になるのは6位の韓国ですかね?
なんで日本より金の数が倍以上なのか・・・

金メダルの内訳を見てみると・・・

  • 男子ショートトラック1000m
  • 女子ショートトラック1000m
  • 男子ショートトラック1500m
  • 女子ショートトラック1500m
  • 女子ショートトラック3000mリレー
  • 女子スピードスケート500m
  • 男子スピードスケートマススタート16周

ひたすらショートトラックで稼いでるみたいです。
全然興味ない種目だからわからないけど、アジア勢が勝てるってことはショートトラックは技術力がものを言うのかね。
日本も強化すれば同様にお家芸になる余地はあるのでしょうか?
少しは本番で観てみようかな。

あと気になるのは女子フィギュアスケートでしょうか?
当然日本女子はメダル候補に入ってません。
金メダル予想はロシアのメドベージェワです。

そういえばロシアももうちょいメダル多そうなイメージでしたが6位なんですね。

【2018.1.23付】最新の平昌五輪(ピョンヤンオリンピック)メダル予想!

2018.01.30

冬季オリンピックのたびにこれを思い出します。
初見は大笑いしたなあ。
実況の人、綾瀬はるかが出てるコーラのCMでも実況してますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スキージャンプ・ペア オフィシャルDVD(DVD)
価格:2411円(税込、送料別) (2018/2/20時点)

 




コメントを残す