【2017.8.25】バリバラ「目を覚ませ乙武さん バリアフリーのために!」を見た感想を。




再放送のバリパラを見た!

乙武いじりが面白そうだったんで鑑賞。
この「目を覚ませ!」ってところで品川のアメトークを連想したのは俺だけか?
どうせなら東野を出してほしかった。
徹底的に「アニョハセヨー!」って品川の写真に言ってたように叫んでくれそう。

あらためて580万部だったんだね、五体不満足、印税いくらよ。
俺も当時読んでしまったけど。

冒頭からして悪い顔してたよ、乙武洋匡氏。人相が経済ヤクザだったもん、間違いなく。
アウトレイジ最終章に今からでも間に合えば出演してほしい。
決め台詞はもちろん「てめー、がたがた言ってると俺みたいにダルマにすんぞこらー」で。
関係ないけど中国山奥に行くと日本人観光客がダルマにされて店頭に並べられてるって前に聞きましたが…

感動ポルノの被害者であるのは間違いないと思うけど、五体不満足で品行方正な頑張り屋さんのイメージ作りをしたのは乙武氏自身だしねえ。そこで自分自身で作った檻に囚われてしまってもがいていたのは察しはいたします。

面白かったのは健常者と障害者のイメージ調査の結果。
健常者は不倫以後、乙武を好きな人が53人→21人に減ったのに対し、障害者は35人→47人に増加した点。

障害者でも恋愛するし、不倫もするっていう普通の人間なんだと認知させたのが逆に好感度を上げた模様。
もちろん皮肉も入ってるとは思うし、不倫=悪=非難っていう流れを求められてること自体に障害者が健常者より反発した結果とも受け止めましたが。要はマスコミとかに期待されてるリアクションを背いてやりたい感が健常者より過剰に強いのが障害者なのかなと。
日頃からレッテル張りされてる障害者はそこから抜け出そうともがいてる結果だろうと。

今回の不倫で、清く正しい障害者像を自ら身を以て破った乙武さんはやっぱり障害者のトップランナーであることをあらためて思い知らされた。障害者のタレント枠を広げたのも功績だし。
こうなったら、もうありとあらゆる悪事をやりつくして欲しいね、乙武氏には。あぶりで捕まるとかね、「どうやって一人で???」みたいな。

そういや不倫した乙武氏の印象を聞くインタビューで、おじさんが「老後に希望が持てる」っていってたのには笑った。寝たきりでもできるってことで希望を与えたなら功績大でしょう。インタビュアーがハウス加賀谷ってのもちょっと好感もてました。彼も鬱病だったしね。

五体不満足を出版した直後は障害者から非難も多かったようです。乙武と比較されてつらいとかいう声も。
障害者のシンボルになってしまったからね。
よく本人も言ってるけど、本当は自分はいい人間じゃないのにそういう発言はテレビ局とかでカットされてしまうと。
メディアに作られたイメージから抜け出せないと。でも先生やったりスポーツライターしたりってのはいいイメージを利用してるし、本人も世間からどう思われてるか十分認識したうえでやってたろうからイマイチ同情できないのがなあ。

最後に本人が言ってたのは先生時代に避難訓練があって、生徒を先導できない自分にジレンマを感じたと。
そんな弱音を素直に吐けない状態が嫌だったと。でも3.11以降、無力さを改めて知ることで考えが変わってきたらしい。

他の障害者の出演者も言っていたが、弱みを素直に見せることで逆に命の大切さを伝えられるのではという視点には共感できた。
頑張って乗り越えて行く障害者像に勇気づけられる人もいる反面、そんな強さを持ち合わせていない人からみたら、弱みを見せた乙武氏に対し「私も弱みを見せてもいいんだ」と共感する人もいたかもしれない。

負けず嫌いの彼が、涼しい顔して健常者と同じようにできることがアイデンティティだったと本人も認めていたが、全部をできることは物理的に無理なわけでそれを認めて出来ないものはできないと卑屈にならずに声をあげる役割もまた彼にはできたのかもしれない。
 




コメントを残す