【苫米地解説!】北朝鮮が高高度電磁パルス攻撃を日本に行ったらどうなるか?




2017.9.7放送の東京MX『バラ色ダンディ』にて

会社から帰って何気なくテレビを点けていたら、苫米地が北朝鮮から高高度電磁パルスの攻撃を受けた際のシュミレーションを行っていた。核爆弾を直接落とされるよりも数段恐ろしい話だったので他の出演者も真剣に聞いていた(ような気がした)のが印象的だった。
ちなみに他の出演者は野球の金村や、柔道の篠原。橋本マナミはつまんなそうだった。

関係ないけど、民進党の山尾志桜里が『安藤優子』に似てる説が世を席巻してるけど、個人的には下からのアングルが鼻の穴をより強調されるので『上品にしたオセロ中島』に見えて仕方ありません。間違いなく熟女芸人が上位にランクしそうな顔だ。ウドちゃんとか多分ドストライクかもしれない。

高高度電磁パルス攻撃とは

「高高度(上空約30km~400km)で核爆発を起こすことで強烈な磁場を発生させ、地上にある電子機器の機能を瞬時に破壊します。
東京上空135kmで10キロトンの核爆発(広島型原爆は15キロトン)が起きると、被害地域は半径約1300km。
沖縄などを除く日本列島ほぼ全域のインフラがストップします。復旧が長引けば死傷者は数百万人に達します」
出典
小池百合子も危険性を指摘「北朝鮮」高高度電磁パルス攻撃 | Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ

水爆を持った時点でこの攻撃は技術的に可能らしく、この数年で仕掛けてくることは可能であるという。
自動車をはじめ、ほとんどの電子製品にはチップが入っているので攻撃を受ければ、殺傷能力は無くても全ての通信・放送がダウンし、インフラは完全に機能停止になる。
ガソリンや、銀行なんてのも使えなくなるし、都市機能は崩壊する。
事実上、文明は旧石器時代に逆戻り。ギャラクシーのCMばりに『旧石器時代を超えていけ!』という事態に!

直接的に殺傷能力は無いというけど、そんな状態の時に攻められたら簡単に占領されるし、そうでなくても1年後には疫病や飢餓で90%が死ぬという見立ても。

しかも、今の日本には迎撃が困難らしい。直接爆弾が落ちないからJアラートなんてそもそも鳴らないらしいし。
大丈夫か?日本。

国会では民主党政権時に小池百合子がこの攻撃に対する防御策をどうするか質問するもその後放置プレイとのこと。
今取り上げたらもう少し真剣に議論してくれそうだが…

対応策は?

とまべっちの言う対応策は以下の通り。

  • PCはファラデーケージに入れる
    ファラデーケージとは、静電界を遮蔽するような金属メッシュ又は金属板等からなる容器のこと。
    この中に人が入っても電磁波から被害を防げる代物。そんなに高くは無いらしい。
    企業でサーバーとかはこれに入れたらいいのかね?
  • 電磁波侵入フィルターの活用
  • 保護回路の設置
  • 電磁パルスシールドの活用
  • 回路の二重化
  • イージスアショア
    米国の艦隊防空システム「イージス」を陸上配備向けに転用したもの。
    レーダーや弾道ミサイル迎撃用ミサイルの発射設備などで構成される。 (以上デジタル大辞泉より)
  • 半導体を真空管にする

対応策を聞いても文系の俺にはさっぱり仕組みはわからんが、そこまで莫大な予算はかからないらしい。
そういや太陽風でも被害に遭う可能性はあるから電磁波攻撃だけの話でも無いしね。

マスコミがもっと煽ったら、この関連の企業の株価とか上がりそうだな…




コメントを残す