【東京新聞社会部】望月衣塑子記者の官房長官の記者会見の質問がひどい件




望月衣塑子(いそこ)とは?

1975年生まれ、慶應義塾大学法学部卒の東京新聞社会部記者である。
ってことは法学部の先輩じゃないですか…俺より5歳上だからキャンパスでは一緒では無かったのか…

今まで、菅官房長官の記者会見の様子は正直あまり印象が良くなかった。煙に巻いたようなのらりくらりの感じが特に…
でも会見の様子は一部しか見てなかったから、ユーチューブで初めて通しで見て見たが…

この東京新聞の望月記者は何を勘違いしてるんだろうか?意気揚々と乗り込んで国民の代弁者として舌鋒鋭く突っ込んでるつもりだろうが、あまりにもその質問内容・態度がひどいのを周りから嘲笑されてることに気がつかないのかな。望月記者以外にも最近は鬼の首を取ったかのような感じで質問する記者が多い気もするが。
私がどうこう言う前に是非一度こちらの記者会見の様子を見てほしいですわ。プライドが高いことは良くわかります…自己を正当化する場じゃないよ会見は。
なんていうか質問内容以前の問題でその聞き方じゃ聞きだせるものも聞き出せないし、人としてどうなのっていう感じの人間性が滲み出てしまって見てる方も笑うしかないわ。他にほとんど質問しない記者たちもどうしたのって感じだし。

そんな記者たち相手にしてるんだから菅官房長官もああいう答え方になるしか無いよなって同情してしまうわ。もうちょいまともな記者を出入りさせてください、東京新聞さん。あと政府の運営の仕方にも問題はあるよ。もうちょい時間配分とかなんとかして。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください