【新橋グルメ⑮】『玄品ふぐ 新橋の関』←おススメ




今回はチェーン店の『玄品ふぐ』をご紹介

先日会社の歓迎会で使用した玄品ふぐが相変わらず美味かったのでご紹介。

この店はチェーン店なんですが、新橋店へは3年ぶり位ですかね。
ふぐっていうと高いイメージがあるためか、意外にこの店を知ってる人が周りに少ない印象。

歓迎会この店にします!って言った時も『ふぐって高いんじゃないの?』っていう反応だったし。
この店はほんとリーズナブルな値段で腹いっぱいになるのでお勧めです。

会社行事や軽い接待なら文句は出ないはず。

今回のコースは6100円(飲み放題別)だったのですが・・・

  • 湯引き
  • てっさまたはぶつ刺し
  • てっちり鍋
  • 唐揚げ
  • 焼きふぐ
  • 雑炊、漬物
  • デザート

こんな感じのメニュー。これなら安い。

てっさとぶつ刺しはハーフ&ハーフもできるのでお勧めです。

個人的にはから揚げと雑炊がお気に入り。
雑炊はてっちりの時に使用したポン酢をかけて食べるのがおススメです。
ノーマル状態だとちょっと味が薄いので、ポン酢の入った食器は店員さんに片付けられないようにしましょう。

あと、なんと言ってもデザートのナッツのアイスがウマい!

いい店はデザートまでしっかりしてるんですよね。
締めも美味しく無きゃ余韻が楽しめず評価下がりますから。

デザートは選択制なんですが、ここは騙されたと思って一度頼んでみてください。

ナッツの食感が楽しめ、甘味がバランスよく口に溶けていきます。
大して期待してなかった分喜びもおおきい逸品です。

是非この時期の歓送迎会におススメです。

なお、行って日がたまたま19日でお土産をもらいました。

~福を召して 日頃の厄落とし~

玄品グループ発祥の関西には、
日本三大厄神として有名な“門戸厄神”(兵庫県・東光寺)があり、
四季の19日に厄除祭が行われていることから

玄品では、例月19日が「厄除け招福の日」です。

ふぐは元来、「ふく」とも云われ、
福に繋がる縁起物とされてきました。

「ふぐを食べて福を呼び込み、厄を除けて頂く」ため、
毎月19日にご来店いただいたお客様に、
お帰りの際、【ふぐ練り天】を厄除招福土産として
ご用意しております。

※プレゼントは数に限りがございますのでご了承ください。
※19日定休日の店舗は除きます。

店員がなんか説明してくれていたのですが、外人で何言ってるか正直良くわからなかったのでHPを見てみるとこういうことでした。

どうせいくなら19日にどうぞ!

練り天、ラーメンにのせて美味しく召し上がりました。

★×4.9(5店満点)

 




コメントを残す