㉕【妄想】もしも王貞治が犬のケツの穴から出てきたら、孫正義はどうするか?




もちろんソフトバンクのCMのことです

もう色んな所で言われてますが、以前スマップが仲良く出演していたソフトバンクのCMの話。
ラストで、屋敷の中から踊りながら出てくる出口が犬の肛門だったってオチ。
「COME ON!=肛門」にも聞こえる訳で。

日本のトップアイドルが肛門様からお目見えする演出にジャニーズがなぜOKしたのかは不明ですが、ソフトバンク=孫正義=反日だからこその演出とネットではよく言われてました。その代表的な解説は以下の通り。
「No!SoftBank」様より引用

「犬のお父さん」でお馴染みとなったソフトバンクのCM。奇想天外な設定で一般には人気のようです。
しかし、この設定の裏側をご存知でしょうか?

韓国という国があります。知っての通り、孫正義は元々在日韓国人であり、現在は帰化しています。
さて、このCMを韓国側から見たとすると、どういう視点になるか。これが重要です。

韓国朝鮮で人をバカにする・罵る時の言葉に「ケセッキ(ケセキ)」というのがあります。この意味はというと・・・「犬の子」。
韓国朝鮮で悪い意味の言葉には、犬が良く登場するようですが、犬の子というのはかなりの侮辱表現のようです。
で、ソフトバンクのCMにこれが当てはまってしまうわけです。また犬と並んで黒人も差別対象。
これも「黒人のお兄さん」に当てはまってしまいます。

これを偶然というには少々無理があります。
孫正義が「犬の子」の意味を知らないと考えるのはちょっとしんどいですよね。

また、日本には白洲次郎という、終戦直後・敗戦直後の日本の尊厳を守ったとされる人がいます。
CMの「お父さん」は白戸次郎。
さらに白洲次郎の妻の名前は白洲正子、ソフトバンクのCMの「お母さん」は白戸マサコだそうです。
・・・もしかして、日本、バカにされてます?

まあ広告の元締め・電通にしても非常に韓国寄りであり、ソフトバンクのCMが電通主導な可能性も否定出来ませんけどね。
でも、孫正義がCMのアイデアを全部出してるそうですから。
何にしろ、あのCMの意図はそうとしか思えないです。偶然の一致にしては出来過ぎですから。
これを知って以来、犬のカイ君を「お父さん」なんて呼べないです。

このCMを見て、ふと思ったのが「王シュレット事件」のこと。

懐かしの王シュレット事件とは

若い人のために事件の顛末を軽くプレイバック。以下ウィキペディアより。

 

王シュレット事件(おうシュレットじけん)は、2003年にフジテレビ系列『水10!』の1コーナーで放送されていた『ワンナイR&R』(渡辺琢演出)で、プロ野球・福岡ダイエーホークス監督(当時)・王貞治を侮辱するような内容のコントがホークスの地元局のテレビ西日本を含めて放送され、フジテレビやテレビ西日本に批判や苦情が寄せられた騒動である。

ワンナイはあんまり見てなかったけどチョコボーイ山口はバラエティの中では屈指のキャラで大好きでしたが…山口にはもう一度この路線に戻って欲しいなあ。

まあ、話は戻りますが王シュレット事件当時はまだソフトバンクホークスではなく福岡ダイエーホークスでした。
もしソフトバンク時代であったとしたらオーナーの孫さんはどんな反応してたでしょうね?

日本を代表するアイドルを犬の肛門から登場させる=世界のホームラン王をウォシュレット扱い

両方比較したら、結構いい勝負かなと思うんですがいかがですかね?

もし仮に今、ドコモのCMで犬の肛門から王貞治が出てきたら、孫正義はどんな反応をするでしょうか?

 




コメントを残す