【博多グルメ】料理の鉄人 陳健一の店、四川飯店 博多 にて夕食を食べる




JR博多シティ10階にあります

出張で博多にやって参りましたので博多っぽいものを食べようと思いましたが、探すのも面倒なので博多駅直結の博多シティの10階へ。
ちなみに駅前はイルミネーション中。

一風堂で食べようと思ったら並んでるよ。

博多市民、日頃から豚骨ラーメン喰ってるだろうよ、なぜ並ぶ。
一風堂で並ぶなんて初めて見たぞ。
東京で並ばないのに福岡で並ぶ程バカらしいことは無いので却下。

同じ階にあった陳健一の店へ。日曜21時頃でしたが空いてます。
やっぱ料理の鉄人世代なんで鉄人の店ってだけでテンション上がるね。

麻婆豆腐も迷ったが、結局定番の担々麺とハーフサイズの魅惑の黒酢酢豚
それぞれ800円、しめて税込み1,728円。

10分程で着丼。

気になったのは見てわかる通り、担々麺のそぼろ肉部分が脂で固まってる点。
溶かして食べろって事なのかもしれないが最初から溶かしておけと思う。
肝心の味は正直イマイチ印象に残らない感じだなあ。
スープも薄いし下手すりゃお湯飲んでるみたい。。。

もっと美味しい担々麺いっぱいあるよ。
例えばこことか。

コレド日本橋 中華香彩JASMINE口福厨房 (ジャスミン)にて食す

2017.06.25

香草でもっと複雑にするとか四川の秘伝のなんちゃらみたいな引出し無いのかな。
兎にも角にもインパクトが無いし深みが無い。もっと辛味に深みを!

70点。

酢豚の方が満足度高いね。
個人的にはむせるくらいの酸味があってもいいんだけどまあ好みの問題。
酢豚はやっぱり野菜は無しで、肉オンリーが基本であり、王道。
食べごたえがあってこちらは満足。

85点。

全体的の☆評価は☆×3.8




コメントを残す