【クセがすごい!でおなじみ】でも、千鳥ノブ自身には全くクセが無い件




2017.11.3のロンハーで出川哲朗が芸人をランク付けしてました

1位 ザキヤマ
2位 有吉
3位 陣内
4位 アンガ田中
5位 中川家礼二
6位 土田
7位 千鳥ノブ
8位 千鳥大悟
9位 フジモン
10位 竹山

中でも注目したいのは7位の千鳥ノブ。
出川曰く、『優しい』『悪い所が無い』
有吉曰く、『永遠の7位』

今日はノブについて思ったことを・・・

『クセが無い』のが丁度いい

M1とかで漫才見ててもテンポいいしそれなりに面白かったのに、東京ではイマイチだった千鳥。
アメトークでも東野とかによくいじられてましたが…
笑い飯みたいに関東では受け入れられずに帰っていくのかなあと思いきや、最近TOKYOでも露出が多くなってるような気がします。

ノブといえば『亀谷信者の競馬好き』、『ぼや程度の改名騒ぎ』、『クセがすごい』でお馴染みですがなかでも代名詞はアメトーク流行語大賞を取った『クセがすごい』でしょうか。

でも今回のロンハーで言われてるようにいたって普通なんですよね。
多分、友人として一緒に競馬とかしたら楽しいタイプだけど芸人としては全く『クセが無い』から華は無い・・・

なんとなくだけど努力してフレーズとか考えて突っ込んでる感じがして、全く天才肌では無い。
アンタッチャブルの柴田なんかとは真逆なイメージ。

努力してる感じが垣間見れちゃう芸人て天下を取るイメージが全く無いけどそこそこ同情票的なものは集まるのかな。
少年ジャンプの『努力、友情、勝利』が大好きな日本人だから努力してる人を受け入れちゃう的な。

すごい頑張ってる感あるし、なんとなくいい奴そうな感じがするし、土下座すれば5万くらい貸してくれそう。

そんなアクの強くない所がアクの強い大悟を打ち消して、関東でもギリギリ受け入れ始めているのかな。
そこが笑い飯との違いというか。
もし大悟×2のダブルボケコンビだったら油ギトギトでお腹いっぱいになっちゃいそう。

箸休め芸人的な臭いがする。

博多華丸大吉なんかも大吉先生の箸休め的な感じで東京で成功したような気も。

ノブさんには今後もクセをつけずに普通に努力して頑張っていって欲しいと思います。

※土田、何となく存在感薄かったなあ。
 最近テレビでも見なくなってるような気が。
 特に今回みたいな格付け企画では、自分が格付けする側に回るか、第三者としてコメントする側にいないと厳しいような。
 本来は、今回三四郎やカズレーザーが第三者的な立場でコメントしてたポジションにいるイメージがあったけど…
 やっぱりカズレーザーに奪われつつあるのかな。
 ちょっと求められてる感じが似てるしなあ。
 時代の境目を感じたロンハーでした。




コメントを残す